トップページ > 職員ブログ > 合格発表!介護福祉士編

リズム八乙女 合格率75パーセント!!

厚生労働省は3月28日、第28回介護福祉士国家試験の合格発表を行った。合格者は8万8300人(前回比5460人減)で、合格率は57.9%(前年比3.1ポイント減)。5年ぶりに6割を割り込んだ。受験者数は15万2573人(同1235人減)だった。

引用:http://www.cabrain.net/news/regist.do

リズム八乙女からも介護福祉士の合格者が出ました!

今年は職員の頑張りが実を結び合格率「75%」という結果となりました。

IMG_1143

▶︎合格を喜び合うリハリズム リーダーの長谷と統括部長の横山

 

介護福祉士合格を阻む、思わぬ壁!?

リズム八乙女では今年1月下旬に数名の職員が介護福祉士国家試験を受けており、忙しい合間をぬって各々筆記試験の学習しておりました。

筆記試験を終えると次は実技試験が待っています。やはり試験員が見守る中で行う実技試験は、緊張して思わぬ結果を招くものです。

今回実技試験を終えた後、リズム職員から次のようなコメントが、、、

「思ったよりできなかった」「途中頭が真っ白になって、(設定時間内に)終わらなかった」

受験者たちの話をよく聞いていくとあることに気づきます。

 

実技試験用の準備ってどうしてたの!?

 

ネットで調べてみると、筆記試験関連の記事よりも圧倒的に実技試験対策の記事が少ないように感じますよね。

 

介護士のための実技研修をはじめます!

リズム八乙女では、年に数回介護職向けの介護技術講習を行っており、現場で効果が実感できる介護技術を研究しております。

そこで、、、

今年度も4月から9月までの6ヶ月にわたり月2回各1時間程度で社内職員対象の研修会を行います。

講師は仙台市及び宮城県からの要請で、認知症介護指導者として初任者、実務者の介護職員育成を行う研修請負人。庄司浩介(ステイリズムリーダー)が「介護に必要な身体の使い方」についてワークショップ形式でみっちり教えます。

リズム八乙女は2016年度も職員が継続的学ぶ機会を設けていきます。

『継続は力なり』社内研修を通じ、正しい介護技術を身につけたら次回の介護福祉士実技試験に自信を持って臨めるはずです。

 

もし社外の方でも新人さんへの実技指導や中堅職員さんの介護技術の振り返りなど、介護技術のスキルアップに関心のある方はこちらまでお問合せください!

 

リクエスト多数の場合、公開講座を企画するかも、、、です。

IMG_4368

▶︎全国各所で施設職員の新人研修などを行うステイリズム庄司浩介

 

仙台市泉区八乙女中央の介護施設ケアファクトリーリズム八乙女は、
デイサービス(通所介護・認知症対応型通所介護)とショートステイの在宅介護の複合支援施設です。